野川とハケの森の会

国分寺崖線の森の豊かな自然を次世代に伝えるためにできること

トップバナー

HOME

野草

最近では開発などによって崖線が寸断されてしまいましたが、一部の緑地は「緑地保全地区」や「特別保護区」指定され、昔ながらの自然が維持されています。この緑地には、500種を越える植物や、多くの生物(主に昆虫類)が生息し、貴重な種も見られます。

植物では、エビネ、カタクリ、キンラン、ニリンソウ、コバギボウシ、キツネノカミソリ、アマナをはじめ四季折々の植物が可憐な花をつけて、訪れる人の目を楽しませてくれます。
  • 0000308518.jpg

    オオイヌノフグリ

  • 0000308678.jpg

    カントウタンポポ

  • 0000308679.jpg

    セイヨウタンポポ

  • 0000308680.jpg

    ニリンソウ

  • 0000308681.jpg

    イチリンソウ

  • 0000308682.jpg

    カタクリ

  • 0000308683.jpg

    アナマ

  • 0000308684.jpg

    ヒトリシズカ

  • 0000308685.jpg

    キンラン①

  • 0000308686.jpg

    キンラン②

  • 0000308687.jpg

    ギンラン

  • 0000308688.jpg

    ササバギンラン

  • 0000308689.jpg

    エビネ

  • 0000308690.jpg

    キエビネ

  • 0000308691.jpg

    タカネエビネ

  • 0000308692.jpg

    サイハイラン

  • 0000308693.jpg

    キツネノカミソリ

  • 0000308694.jpg

    林床植物

  • 0000308695.jpg

    ヒメガマ

  • 0000308696.jpg

    ホトトギス

写真はすべて会員が撮影したものです